黙示録の四騎士

四つの厄災で世界を滅ぼすとされる四人の聖騎士

飢餓(きが) 疫病(えきびょう) 戦争(せんそう) 死(し)

黙示録 

新約聖書の最後の一書。95年ごろローマの迫害下にある小アジアの諸教会のキリスト教徒激励警告を与えるために書かれた文書。この世の終末最後の審判キリスト再臨神の国到来、信仰者の勝利など、預言的内容が象徴的表現で描かれている。ヨハネ黙示録アポカリプス
 転じて、破滅的な状況や世界の終末などを示したもののこと。

ドニー

カッツ大道芸一座のメンバー

座長カッツ同様、聖騎士に憧れなれなかった一人

能力:サイコキネシス(物体移動能力)

大道芸の練習中にパーシバルと出会う、金に執着があり、冷たい部分もあるが、パーシバルと同行中に大きな獣と出会いパーシバルをかばう一面を垣間見せる。パーシバルの勇気ある行動に昔、聖騎士を目指していた時の血がさわぎ行動する。

エルバ

カッツ大道芸一座のメンバー

座長カッツ同様 聖騎士を目指し、なれなかった一人

能力:瞬間移動⁉ まだ定かではない

大道芸の練習中パーシバルと出会う、置き去りにされそうなになったパーシバルを気つかう、優しい女性

カッツ

カッツ大道芸一座 座長 カッツ

聖騎士に憧れ、なれなかった者が集いできた大道芸一座の座長

能力:火を操る能力 その能力はまだ低い

大道芸の練習中にパーシバルと出会い、村まで案内する事となる

イロンシッド

アーサー王国の聖騎士でバルギスの息子、パーシバルの父親と言う存在

16年前に逃亡したとされるバルギスを探し出し手にかける、自分の息子であるパーシバルも容赦なくに手にかけ大義の為とする

自分の父、息子を手にかけた理由は

予言にて主君のアーサー王を破滅に導く存在が出現すると…

その名を「黙示録の四騎士」

正体も詳細も不明…その可能性を秘めた芽をすべて刈り取るべく可能性のあるバルギスとパーシバルを手をかける

しかし、パーシバルはかろうじて生きていて旅にでるがイロンシッドはパーシバルが生きている事は気づかず立ち去ってしまう…

バルギス

パーシバルの祖父、孫のパーシバルと二人で天空の地「神の指」で暮らす

元、聖騎士でパーシバルには16年修行をつけている

自分も16歳に冒険の旅に出たとパーシバルには説明。その後アーサー王が率いる国で聖騎士をになり、なにかしらの理由で逃亡

孫のパーシバルと辺境の地「神に指」で暮らす

しかし、それを見つけた アーサー王国の聖騎士 イロンシッドに殺されてしまう。

パーシバル

七つの大罪 続編 黙示録の四騎士の主人公

祖父のバルギスと天空の地 「神の指」で二人で暮らしていた

16歳の誕生日に祖父バルギスが聖騎士イロンシッドに殺されてします。しかもそのイロンシッドはパーシバルの父親…

こうしてパーシバルの初めての旅がスタートする

魔力=英雄型

破壊型、付呪型、変性型、回復型 その他どの型にもあてはまらない万人に一人と言われる特殊な型 パーシバルにおいては、上記にあげた型の力は使いこなす

七つの大罪《黙示録の四騎士》

七つの大罪続編 黙示録の四騎士がいよいよ連載開始となった。

『神の指』と呼ばれる天空の小さな場所に住む「パーシバル」16歳とパーシバルの祖父バルギス。パーシバルが16歳の誕生日に、神の指を飛び出し広い世界を冒険に出たくないかとバルギスがパーシバルに進める

自分も16歳の時に故郷を飛び出し、パーシバルの父も16歳になったとたん、家を飛び出したと伝える…パーシバルの父は死んだ事になっている…

この広い世界には「女神族が造ったとされる島」「心を閉ざした魔術師の住むねじれた塔」「天空を翔ける玄海の船を操りし騎士」「地獄へ通ずる風穴が無数に空く大洞穴」「勇者を誘い閉じ込める魔の湖の姫」「迷い込んだら二度と出れなぬ錯綜する森」神の指の下には広い「ブリタニア」が存在

この話を聞いてもパーシバルは冒険に出たいとは思わないと「じいじ」に言うこんな辺境の暮らしが寂しくないか?と尋ねても「じいじが一緒だから寂しくない」と

しかしパーシバルは実は冒険に出たくてたまらない、じいじを一人にしない為に嘘を言っているのだった…

そんな事のあった次の日

「天空を翔ける玄海の船を操りし騎士」がパーシバルの前に現れる…

その船に乗った騎士は人を探していると探している人の名は「バルギス」パーシバルはじいじの名前だとバルギスがいる場所を教える。

「ほう ではキミはバルギス殿のお孫さんですか…」

「おじさんは…?」

「なあに昔の仲間ですよ…聖騎士だった頃の  ね」

パーシバルは船を見せてくれと頼むと聖騎士はすれ違いに

「残酷な男だ…真実を伏せ育ててきたわけか…」と呟く

嫌な感じがしたパーシバルは男の後を追うと

その頃騎士はバルギスと対面、「主を裏切り逃亡して16年、辺境の地で暮らしているとは思いもよらなかった…」

「裏切ったのはお主らの側じゃ、わしは見限ったまで!!」

と戦いが始まる…が圧倒的な強さでバルギスは倒されてしまう…そこにかけつけたパーシバルも抵抗するが、全然歯がたたずパーシバルの目の前でバルギスは圧倒的な一撃を食らう、その後パーシバルも致命的な一撃を受け倒れる…

バルギスは虫の息で騎士に問いかける

「なぜ…今更わしを探しに…きた」 と

「数日前、忌まわしい予言が示されてね…我らが主君アーサー王を破滅へと導く存在の出現だ」

「その名を 《黙示録の四騎士》 」

「正体も詳細も未だに不明ならば、その可能性を秘めた芽をすべて刈り取るまで、たとえ落ちぶれようとあんたが、その四騎士である可能性はゼロとは言い切れない…」

「では…パーシバルに手をくだしたのもそれが理由か?貴様に…情はない…のか?」

「すべては大義のためだ…」

そう言い残し記載はその場を去っていく…

「じい…じ…」

パーシバルは生きていた…パーシバルはじいじを守れなかったと悔やみ…バルギスはわしがお前を守れなかったと悔やんだ…

パーシバルはバルギスに尋ねる「せいきし って何?」「あの赤い鎧の男は誰なの?」

バルギスはパーシバルに告げる…

「彼の名は…イロンシッド」「お前の…父親だ…」

衝撃的な事実にパーシバルは父親は死んだって…バルギスは、すまない事情があるんじゃと言い、パーシバルに旅に出るようにすすめる

そしてバルギスは息を引き取る…

ここからパーシバルの旅が始まっていくのであった。

いよいよ続編がスタートしましたね。ザックリとした内容だけですので、細かい部分は漫画でお楽しみいただければ良いと思います。前編の七つの大罪で出てきた名前や地名などもあり、繋がりを感じますし、今後どう絡んでいくのか楽しみですね

ではバルギスが本編で酔った時にだした訓示を…

「その眼は悪を見抜き その口は真を語り その心は正義に満ち その剣は悪を砕く 悪しき者を挫き弱きを助けよ 大切なものを己が命をかけ守る者となれ」

ランスロット

バンとエレインの息子

髪の毛を切る前は女の子のような可愛さ

妖精の森に住んでいる。妖精の森では人間のバンが王様、妖精のエレインが王妃その息子ランスロットは王子と言う事になる。

メリオダスの息子トリスタンの誕生日に喧嘩をして額にキズを負う、それから他人の心が読めるようになる。

凄い身体能力と力を持つ、武芸の師匠は かつてバンの後を追いかけていた  ジェリコ 〈キャラクター図鑑に記載あり〉

ある日、妖精の森に悪徳行商が訪れた、その行商は雨の日に歩いている途中で忽然と姿を消す、その事を調べるバン達、早くバンに認めてもらいたいランスロットは独自に調べようとする。その時、雨が降ってきて雨が割れてる空間を見つける。《はやくこっちへ》の声が…行こうとするランスロットを引き留めるジェリコ、しかしランスロットは一人で行こうとする。しかたなくジェリコも一緒に空間へ

七つの大罪

8年間に及ぶ七つの大罪の物語は終結

トリスタンの10歳の誕生日に七つの大罪の終結、七つの大罪や父、メリオダスの過去を知らないトリスタンの夢は聖騎士になって逆賊 七つの大罪や悪いやつからリオネスを守る事

何も過去を教えないメリオダスにゴウセルが能力で大罪人よ呼ばれた真実の物語をトリスタンにプレゼント

そして

トリスタンの夢は…七つの大罪になること…

そして物語は続く…

続編 七つの大罪 〈黙示録の四騎士〉仮

トリスタン

魔人王を倒して、混沌の一部 キャスも倒した七つの大罪はそれぞれの生活へ

そこで

バンとエレインの子供

メリオダスとエリザベスの子供の名前が明らかに

以前、うんちくのカテゴリーで明かした二人の息子達の必殺技の名前は明らかになっていますが、今回は名前がでてきました

<息子達の必殺技の名前はこちら>http://7-taizai.jp/813

七つの大罪 未来の一片

混沌の一部、キャスとの戦いで

キャスが七つの大罪に見せた幻想、まだ確定していない未来…

もう一つの世界観、確定していない未来の一片

その中で見れた幻覚の中に

メリオダスとエリザベスの結婚式、幻覚ではあるがボーナス画像のような一枚

エリザベスが歳をとっておばあちゃんになっている絵も…

そして、バンが亡くなり エレインが看取った と言う一説も…

バンは不死身のイメージで亡くなる事が想像できない存在だが

肉体的に不死身でも歳をとって寿命では亡くなる事がわかる一説であった

キャスの正体

ドルイドの修練窟からアーサーに同行している正体不明の生物

鳴き声から〈キャス〉と名付けられた

そのキャスの正体は混沌の一端

魂胆に生み落とされた力への欲望と執着の権化

自らが混沌の王となるべく力を求め…

混沌に戦いを挑んだ獣の暴君

キャス・パリーグ〈鉤爪で掻き毟る怪猫〉

混沌との戦いに敗れ追放された地上でも悪事を働いたため女神族に封印されたとされる。