円還竜の装具

パーシバルが身につけている

円還竜の装具<ウロボロスのメダリオン>は

メリオダスがバルギスに「永遠の友情」の証に贈った物

また、パーシバルの兜に付いてる、二連の星の傷は

かつて、バルギスが冠っていた際に「信頼」と「協力」の証にメリオダスが付けた傷

主君アーサー王が混沌の力でおかしくなった時にキャメロットを逃亡、メリオダスに助けを求める。メリオダスはバルギスを信じて その証として装具と傷を贈る

その後、バルギスは新たなキャメロット王国の情報えおメリオダスに教える事となる

新たなキャメロット王国

アーサー王が混沌の力により、キャメロット王国を生み出したのは、別次元

妖精界、魔界のように、侵入が困難

永遠の王国、キャメロットで何かを生み出す毎に、こちらの世界のものが失われる。山、森、泉、村などスッポリと消される事になる

その情報をメリオダスに教えていたのが、かつてアーサーに仕えていた聖騎士バルギス。パーシバルのおじいさん

裏切り者として追われる中、メリオダスに助けを求めた

別次元のキャメロット王国に行く方法

混沌の騎士には、アーサー王 直々に刻印が与えられる。刻印に刻まれた者の生命力と呪文により発動すると 永遠の王国 キャメロットの現世を繋ぐ扉が開く

捕らえていた、混沌の騎士は 元リオネス王国の騎士ジェリコによって殺害された事で、キャメロットの道は閉ざされる事になる。

新しいキャメロット王国には、人間しか入れない

人間以外の 魔神・女神・妖精・巨人の侵入を阻む協力な結界が施されている

ギルサンダー枢機卿

七つの大罪時代のギルサンダー

リオネス聖騎士 キオンは息子

枢機卿とは

枢機卿(cardinalis)は、教皇の最高顧問です。

重要な案件について教皇を直接に補佐する枢機卿団を構成すると同時に、個々の枢機卿は、教会全体にかかわる日常的な職務について教皇を助けます。また教皇選挙権は枢機卿だけがもちます。枢機卿は、原則として司教の叙階を受けた人の中から教皇が自由に任命し、任期は設けられていません。

〈必殺技〉ガヴェイン

テレポートで物質を瞬時に移動させる事ができる。

炸裂する太陽〈サンシャイン バースト〉

地面に太陽のような超高温の球体を作り炸裂させる。広範囲に熱気が漂い、術者の周り30メートルの間もダメージを受ける

キャメロット聖騎士 ジェリコ

元リオネスの聖騎士、ベンウィックの聖騎士 今はキャメロット聖騎士

自分に触れた相手を徐々に凍らせる事ができる、魔界の炎でも氷は溶かせない

リオネス時代は、ギーラと仲が良い

七つの大罪 ジェリコ

バンに想いをよせ バンが王を務めるベンウィックの聖騎士になり

その後もバン王とエリイン妃の子供 ランスロットの剣術の師匠となる

ランスロットとの神隠し事件

ランスロットと「向こうの世界」に閉じ込めれられ、脱出するまでの3年

その3年で、ジェリコはランスロットを一人の男として愛してしまう

弟同然のランスロットに恋をして、気持ちを見透かされないように、ランスロットのもとから去った。

そこで望みを叶えてくれたのが、アーサー王

偽りのランスロット、ジェリコだけを愛してくれるランスロットがいる世界を偽りで与えて、キャメロット聖騎士になり、アーサー王の下で働く

ギーラ副聖騎士長

ギーラ 22歳でリオネス初の女性副聖騎士長に就任。剣の腕は王国トップクラス 冷静な判断力と頭脳は聖騎士長をも超えると言われる。

魔力は 「爆発」エクスプロージョン

七つの大罪 ギーラ

七つの大罪 ギーラ必殺技

ギーラはかつて新世代計画において、聖騎士見習い時に魔神族の血を飲み力を手に入れた。

主謀者である聖騎士長の目的は魔神族の血に含まれた種子を発芽

暴走させ意のままに操れる魔物を生み出す目的、その後 その種子はバンの手によって新世代の全員の種子が取り除かれ、魔神の因子を失う

だが、ギーラは<七つの大罪>ゴウセルの魔力で暴走を抑えられたことにより、因子を体内に残した状態で、今も魔神の力を持ったままである。

その力は、かつての友、ジェリコとの戦いで見せる。

〈必殺技〉カオス=メラスキュラ

冥闇の檻 めいあんのおり

かつての技 

暗澹の繭(あんたんのまゆ)

に混沌の力が加わった、強化版

悪食の霊神 あくじきのれいしん

あの世から呼び出した魂の集合体、魔神族と女神族の魂のミックス 相手の魔力を食べて無効にする

冥府の晩餐 めいふのばんさん


地面より死者の手が無数に出てきて、がんじがらめにして冥府にひきずり込む