〈必殺技〉ペルガルド

焔 ほむら

焔=辞書
《「火 (ほ) 群 (むら) 」の意》


 ほのお。火炎。「燃え盛る―」
 ねたみ・怒りなどの激しい感情や欲望で燃えたつ心をたとえていう語。「劣情の―」「瞋恚 (しんい) の―」

不知火 しらぬい

不知火=辞書
九州の有明海八代海 (やつしろかい) で、夜間無数の光が明滅する現象。漁船の漁火 (いさりび) が異常屈折によって光像を作るために起こる。八朔 (はっさく) (陰暦8月1日)ごろの月のない夜に多くみられる。《 秋》「―の見えぬ芒にうずくまり/久女

絢爛業火 けんらんごうか

絢爛豪華 → 絢爛業火

豪華絢爛


ごうか-けんらん【豪華絢爛】
きらびやかに輝き、華やかで美しいさま。▽「豪華」はぜいたくで華やかなさま。「絢爛」はきらびやかで美しいさま。「絢爛豪華けんらんごうか」ともいう。

ガヴェイン

金色の魔力をもつ 黙示録の四騎士の一人

アーサー王の血縁

魔術も使え、絶対強制解除を使用、一瞬で遠くに移動できる術も使う

神刀リッタ

ガウェインが使用していた武器・神刀リッタ

かつて人間族のエスカノールが使用していた神斧リッタと重なります。

ペルトガルに負け、悔し泣き、駄々をこねる、自分が一番じゃないと気が済まないタイプ

バルトラ

バルトラ リオネス王国の前国王 エリザベスの父親

七つの大罪時代のバルトラはこちら

千里眼の能力で新たに予言した内容

王国を月と遠雷と雨が祝福する時、ついに四人の予言の騎士は集結を果たす、だが混沌よりの刺客と裏切りの刃により、希望もまた奪われる…

〈必殺技〉トリスタン

星の瞬き 〈ティンクル・スター〉

相手の事を分析する

癒やしの星 〈ヒール・スター〉

癒やしの力で傷、ケガを治す ヒーリング能力

付呪 天上の光 エンチャント・ヘヴンズ・ライトニング

剣に十字架の光をまとい、混沌の力を切る

トリスタン

リオネス聖騎士 トリスタン隊 隊長

七つの大罪 メリオダスとエリザベスの息子

両目はエリザベス同様 目の色は片方づつ違う色を持つ

子供の頃のトリスタンはこちら

エリザベスの女神の族の血を受け継ぎ エリザベス同様背中に天使の羽を持つ事ができる

エリザベスの天使の羽はこちら

リオネス王国

かつて、七つの大罪の時にもでてきた王国

かつての王は バルトラ・リオネス

バルトラの詳細ページはこちら

黙示録の四騎士 現在の リオネス王は メリオダス

メイオダスの詳細ページはこちら

現在も昔と変わらぬ姿

豚の帽子亭も健在 現在は勿論 ホークママの上にはない

ホークママの詳細ページはこちら

現在も豚の帽子亭 特性 激マズ プティングも健在

パーシバルが食べた後に 悶絶してのは言うまでもない…

豚の帽子亭のライバル 〈黒猫のあくび亭〉の名物 フィッシュパイは絶品

ヘンドリクセン施薬院

現在の ヘンドリクセンとドレファス

ヘンドリクセン詳細ページはこちら

ドレファス詳細ページはこちら

ドレファスは現在 ダルクムント と言う小国を収めている

過去のリオネス王国の全体図

現在のリオネス王国は巨人族も妖精族も人間と共に生活している